退職代行 退職代行の知識

安い退職代行まとめ!最安値の業者と知っておきたいリスク・失敗しない業者の選び方

10月 26, 2022

安い退職代行まとめ!最安値の業者と知っておきたいリスク・失敗しない業者の選び方

 

こんにちは、なーぴょん(@KOSODATEhoihoi)です。

このブログでは、転職ノウハウや転職サイトの選び方などを解説しています。

 

悩む男性
安い退職代行ってトラブルや質が悪そうだけど、実際どうなんだろう?

知っておいた方がいいリスクや業者の選び方を教えてほしい!

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 退職代行の種類と利用相場
  • 格安業者の知っておきたいリスク
  • 失敗しない業者の選び方
  • 安さ重視の退職代行一覧

 

今回は「できるだけ安く退職代行を使いたい」という方に向けて解説しました。

 

この記事を読めば、安い業者がわかるだけでなく、そこに隠れるリスクまで理解することができます。

 

  • 安い退職代行を探している
  • できるだけお金をかけたくない
  • 確実に退職したい

 

こんな人にピッタリの内容になっています。

 

※3分で読めますので、最後までご覧ください。

 

退職代行の種類と料金相場

退職代行の種類と料金相場

 

安い退職代行を選ぶ前に、まず退職代行の種類と全体の利用相場を見ておきましょう。

 

基礎となる部分なので、まずはこちらの記事をチェックしよう!

»退職代行とは?

 

退職代行の種類

退職代行の種類は以下の3つです。

 

退職代行の種類

  • 一般企業
  • 労働組合
  • 弁護士法人

 

一つずつ解説します。

 

一般企業

一般企業の特徴

  • 確実に辞められる
  • とにかく安い
  • 対応スピードが早い
  • 独自サービスが豊富
  • 転職サポートが充実

 

格安の業者があり、独自サービスが充実しているのが特徴です。

 

ただ交渉権を有していないので、会社との交渉はできません。

 

リスク無視でとにかく料金を抑えたい!と言う方に向いています。
わたし

 

一般企業が運営する退職代行については以下の記事をご覧ください。

»一般企業の退職代行の魅力とは?

 

労働組合

労働組合の特徴

  • 確実に辞められる
  • 交渉が可能
  • 料金が安い
  • バランスが取れている

 

会社との交渉が可能で、かつ料金も良心的。

本ブログでは、労働組合が運営する退職代行に依頼するべきと主張しています。

 

料金と内容のバランスが良く、料金を抑えたいけど質も大事にしたい!という方にオススメです。
わたし

 

労働組合が運営する退職代行については以下の記事をご覧ください。

»退職代行は労働組合に依頼するべき4つの理由

 

弁護士法人

弁護士法人の特徴

  • 確実に辞められる
  • 交渉が可能
  • トラブルに対応可能
  • 訴訟対応可能
  • 料金が高い

 

弁護士法人は全ての退職代行の種類の中で最も信頼できる業者です。

 

会社からの理不尽な要求や訴訟にも対応することができ、100%退職することができます。

 

難点は、利用料金が高いこと。

 

値段は気にしない!絶対退職できるという安心感がほしい!と言う方に向いています。
わたし

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

»弁護士対応の退職代行について!

 

退職代行の料金相場

料金相場

  • 一般企業:約20,000円〜25,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円くらい
  • 弁護士法人:約50,000円くらい

 

特徴を表にするとこんな感じ。

 

費用相場 交渉可否 訴訟対応 付加サービス
一般企業 × ×
労働組合 ×
弁護士法人

 

全体の相場感としては、約20,000円〜約50,000円ほどが多いようです。

 

一方、弁護士が運営する退職代行の料金は比較的高めですが、万が一の訴訟対応もできるので安心感がダントツです。

 

一番安い退職代行はこちら

一番安い退職代行はこちら

 

ここ数年で退職代行の数は爆発的に増え、今では100社以上と言われています。

 

その中で「退職代行.com」という業者があり、利用料金は驚愕の【4,980円】

探した業者の中では最安値でした。

 

利用相場が約20,000円〜約50,000円ほどなので、その料金はまさに破格だと言えます。

 

しかし、「退職代行.com」のような格安の退職代行の評価は最悪…

 

  • 運営元が不明確
  • 信頼性がない
  • サービス内容が薄い
  • 無資格業者が運営している
  • トラブルが多い

 

できるだけ安い業者に依頼したい!

このように目先の料金にとらわれすぎると、安物買いの銭失いになる可能性があります。

 

安い退職代行を使う際に知っておきたいリスク

安い退職代行を使う際に知っておきたいリスク

 

前述の通り、安さばかりを重視すると、退職できないことがあるばかりか、さまざまなリスクがあります。

 

具体的に安い退職代行にはどんなリスクがあるのでしょうか。

 

安い業者のリスク

  • 追加料金の有無
  • パフォーマンスが低い
  • 非弁行為
  • 失敗する可能性がある

 

上記4つを詳しく見ていきましょう。

 

※退職代行はトラブルが起こりやすいと言われています。

 

リスク以外にトラブルについて知りたい人は以下の記事をご覧ください。

»退職代行で起こりやすいトラブルとは?

 

追加料金の有無

基本料金以外に追加料金がかかる場合があります。

 

  • 回収額の◯%を請求される
  • 着手金と基本料金が別
  • 書類の郵送代金
  • 記載はアルバイトの退職料金だった
  • 職種によって金額が違う

 

一見安そうに見える退職代行でも、実は追加料金が多くかかり、金額は相場近くになるケースがあります。

しかも、サービスの内容は薄いとなると、その業者に依頼する必要性はなくなります。

 

安いのは魅力ですが、実情をしっかりと把握する必要があるでしょう。

 

パフォーマンスが低い

パフォーマンスが低いのもリスクになります。

 

  • 希望する条件で退職できない
  • 未払いがあるのに交渉できない
  • 職員の対応が悪い
  • 真摯に対応してくれない
  • 連絡が遅い

 

安かろう悪かろうとはよく言ったもので、格安の退職代行はこのようなことが起こりやすいとの意見があります。

 

確実に退職できるのはもちろんのこと、丁寧に対応してくれる業者が良いと言う方には格安の業者は向かないかもしれません。

 

非弁行為

非弁行為のリスクもあります。

 

参考

非弁行為とは、弁護士法に定められている、弁護士のみに認められた行為を、弁護士以外が行うこと。

 

非弁行為は完全に法律違反ですが、法を犯して会社と交渉する業者があります。

 

  • 2年以下の懲役
  • 300万以下の罰金

 

非弁行為をしてしまうと上記の罰が科せられます。

 

弁護士や労働組合が運営しているわけではないのに、会社と交渉するような業者は法を犯した悪徳業者と認識しましょう。

 

失敗する可能性がある

上記を勘案し、そもそも退職の代行業務を失敗する恐れがあります。

会社側が悪徳業者だと認識し、代行業者の言に聞く耳を持たない可能性もあるからです。

 

  • まともな打合せができない
  • 非弁行為をする
  • 連絡が取れない
  • 情報共有ができない
  • 会社側が取り合わない

 

退職代行を使うと言うことは、退職できることが最低条件です。

 

それができない可能性があるのは、不安が多く依頼しにくいと思います。

 

退職代行を利用して後悔するケースを解説しました。

»退職代行を使って後悔した事例

 

失敗しない退職代行の選び方

失敗しない退職代行の選び方

 

格安の退職代行にはリスクが多いと言うことを解説しました。

 

では、どのようにして退職代行を選べば良いのでしょうか。

 

失敗しない退職代行の選び方を解説していきます。

 

退職代行の選び方

  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉可能か
  • 実績と口コミ
  • 独自サービスの有無

 

一つずつ見ていきましょう。

 

詳細はこちらの記事でも解説しています。

»退職代行の選び方

 

種類で選ぶ

種類で選ぶ方法です。

 

退職代行の種類は以下の3つ。

 

退職代行の種類

  • 一般企業
  • 労働組合
  • 弁護士法人

 

そして、特にオススメなのが「労働組合」が運営する退職代行です。

 

価格も良心的で独自サービスも豊富。

さらには会社との交渉も可能で、確実に退職することができます。

 

労働組合が運営する退職代行が最もオススメです!
わたし

 

特にオススメの業者が以下の3つです。

 

 

このうちどれかに登録しておけば間違いありません。

 

料金で選ぶ

料金で選ぶのも一つの方法です。

具体的には相場に近い業者を選ぶこと。

 

オススメは20,000円〜25,000円くらいの業者が安全かつ確実に退職できる目安だと思います。

 

  • 1万円台→品質に不安あり
  • 3万円以上→金銭的負担が大きい

 

本記事の趣旨である、「値段だけで決めるのは危険」という内容に則り、相場に近い料金設定の業者がオススメです。

 

交渉可能か

交渉は可能かどうか重要です。

 

退職代行を利用すると、会社と交渉が必要な場面がいくつかでてきます。

 

交渉の内容

  • 未払い賃金の交渉
  • 有給の取得
  • 残業代の請求
  • 退職時期の確定

 

退職の意向を伝えるだけで良い方は交渉は必要ないかもしれません。

 

しかし退職代行を使う方は会社に何かしらの不満があり大変な思いをされているんだと思います。

 

いわゆるブラック企業に毅然とした態度で臨むためには交渉は必須となるでしょう。

 

実績と口コミ

実績と口コミで選ぶのも良い方法です。

 

  • 使ってみた感想
  • 改善点
  • 担当者の質
  • 交渉の可能範囲
  • スピード感
  • 代行実績
  • 顧客満足度

 

初めて使うもので参考になるのは実際に使った方の生の意見です。

 

特に口コミが多い業者はそれだけ利用者も多く、退職代行のノウハウも蓄積されています。

 

相談は無料な業者が多いので、気軽に問い合わせてみましょう。

 

独自サービスの有無

独自サービスの有無も決め手となります。

 

退職代行である独自サービスは以下の通り。

 

独自サービスの種類

  • 転職サポート
  • 心理カウンセリング
  • 引越しサポート
  • 祝い金制度
  • 後払い制度

 

祝い金や転職サポートを利用するとキャッシュバックがあり、実質無料で退職代行を使える業者もあります。

 

できるだけお金を無駄にしないように、お得に利用しましょう。

 

キャンペーンをしている業者もあります。

一度調べてみてはいかがでしょうか。

わたし

 

退職代行のメリットやデメリットを解説しました。

»退職代行のメリット・デメリット

 

【2万円台】安さで選ぶオススメ退職代行一覧

【2万円台】安さで選ぶオススメ退職代行一覧

 

ここからはできるだけ安く、かつ優良な退職代行に依頼したいと言う方に向けて、本当にオススメできる退職可能業者をご紹介します。

 

オススメ退職代行

  • Jobs
  • ガーディアン
  • SARABA
  • オールサポート
  • 男の退職代行
  • わたしNEXT
  • ネルサポ
  • OITOMA
  • モームリ

 

一つずつサッと見ていきます。

 

Jobs

名称 退職代行Jobs
タイプ 労働組合
料金 27,000円+組合費2,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジット、銀行振込、コンビニ決済、現金翌月払い
対応エリア 全国

 

\独自サービスが充実/

今すぐ申し込む

労働組合の退職代行で超オススメ!

 

ガーディアン

名称 退職代行ガーディアン
タイプ 労働組合
料金 29,800円
対応時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\圧倒的知名度/

今すぐ申し込む

知名度が高い→信頼度が高い!

 

SARABA

名称 退職代行SARABA
タイプ 労働組合
料金 24,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\返金保証付きで安心/

今すぐ申し込む

ネーミングセンス抜群!そして実績も抜群!

 

オールサポート

名称 退職代行オールサポート
タイプ 労働組合
料金 29,800円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込、各種決済サービス
対応エリア 全国

 

\料金一律の明朗会計/

今すぐ申し込む

弁護士+労働組合で超安心!

 

男の退職代行

名称 男の退職代行
タイプ 労働組合
料金 社員:26,800円、バイト:19,800円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込、各種決済サービス、後払い
対応エリア 全国

 

\顧客満足度No.1/

今すぐ申し込む

20代〜30代が選ぶNo.1

 

わたしNEXT

名称 わたしNEXT
タイプ 労働組合
料金 社員:29,800円、バイト:19,800円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込、各種決済サービス、後払い
対応エリア 全国

 

\女性人気No.1/

今すぐ申し込む

女性に特化した退職代行!

 

ネルサポ

名称 退職代行ネルサポ
タイプ 労働組合
料金 24,000円
対応時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\最安値に挑戦中/

今すぐ申し込む

充実のサポート体制!そして安い!

 

OITOMA

名称 退職代行OITOMA
タイプ 労働組合
料金 24,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\サポートが充実/

今すぐ申し込む

業界最安値を目指す退職代行!

 

モームリ

名称 退職代行モームリ
タイプ 労働組合
料金 正社員:22,000円、バイト:12,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\安心の弁護士監修/

今すぐ申し込む

労働組合が運営で会社との交渉も可能!

 

まとめ:安すぎる退職代行は危険!リスクをちゃんと理解しよう

安すぎる退職代行は危険!リスクをちゃんと理解しよう

 

今回は「安い退職代行に潜むリスクと業者の選び方」について解説しました。

 

記事の要点

  • 一番安い退職代行は5,000円以下
  • 安かろう悪かろう
  • 値段が安すぎるのは注意
  • 安い退職代行を使う際に知っておきたいリスク
  • 追加料金の有無
  • パフォーマンスが低い
  • 非弁行為
  • 失敗する可能性がある
  • 失敗しない退職代行の選び方
  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉可能か
  • 実績と口コミ
  • 独自サービスの有無

 

そして労働組合が運営する優良退職代行業者を紹介しましたが、特にオススメなのが以下の3つ。

 

オススメの退職代行

 

安すぎる退職代行業者はリスクがあります。

 

退職できることが最大の目的のはず。

法律違反したり退職できないケースがあるのは依頼する側からすると不安になるでしょう。

 

費用の相場感を大切にし、本当に信頼できる業者に依頼するべきです。

 

退職代行の利用を検討する方は、何かしらに悩んでいるはず。

だからこそ、しっかりと会社と交渉ができる優良業者に依頼するべきです。

 

あなたが気持ちよく退職でき、次のステージに進めることをお祈りします。

 

以上、なーぴょんでした。

-退職代行, 退職代行の知識