退職代行 退職代行の知識

【コレで決まり!】自分に合った退職代行の選び方5選!気をつけるべき点も解説!

8月 5, 2022

退職代行の選び方5選

 

こんにちは、なーぴょん(@KOSODATEhoihoi)です。

このブログでは、転職ノウハウや転職サイトの選び方などを解説しています。

 

  • 退職代行の選び方を知りたい
  • 種類別のオススメ退職代行を知りたい
  • 選ぶ際の注意点は?

 

この記事は「自分に合った退職代行の選び方」について解説します。

 

この記事の内容

  • 自分に合った退職代行の選び方5選
  • 【種類別】オススメ退職代行3選
  • 退職代行を選ぶ際の注意点

 

現在、退職代行業者は100社を超えるということをご存知ですか?

 

その中から一つを選ぶとなると簡単ではありません。

 

  • 自分に適した退職代行はどれなんだろう
  • それぞれの特徴って何?
  • どうやって選べばいいの

 

こんな方多いのではないでしょうか。

 

この記事は「自分に合った退職代行を選ぶ方法」に特化して解説しています。

 

この記事を読めば、自分に適した退職代行わかり、迷わずに依頼することができるでしょう。

 

※3分で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

退職代行サービスの基礎知識

退職代行の基礎知識

 

まずは退職代行がどんなサービスなのか基礎的な部分を見ていきたいと思います。

 

ここを理解しないと先に進めないので、ぜひしっかりと見てくださいね!
わたし

 

退職代行とは

退職代行とは「労働者が退職したいと思ったときに、代わりに退職手続きを代行してくれるサービス」です。

 

退職代行は10年以上前からあるサービスですが、2018年頃にTV放送されたことをきっかけに一躍有名になりました。

 

  • ブラック企業の増加
  • パワハラの横行
  • 労働意識の変化

 

このような理由で、辞めたくても辞められない人を中心に周知されているサービスです。

 

退職代行の基礎知識は以下の記事で解説しています。

»退職代行とは?メリットやデメリットから費用相場まで世界一わかりやすく解説!

 

そもそも、退職代行のメリットやデメリットって何?

と言う方はこちらをご覧ください。

 

»退職代行のメリットとデメリットを徹底解説【知らないと後悔する!?】

 

退職代行は非常識?

退職代行は非常識なの?という質問をもらいます。

 

結論を言うと、「退職代行は全く非常識ではありません。

 

  • 退職は労働者の権利
  • 辞められない方が異常
  • 病んでまで働く必要はない

 

辞めたいけど辞められない。

なので退職代行を使う。

 

そこに非常識さは一つもありません。

 

その辺りを詳しく解説しましたので、以下の記事もご覧ください。

»【2000人に聞いた】退職代行は非常識?クズや卑怯などの反対意見を完全論破!

 

自分に合った退職代行の選び方5選

自分に合った退職代行の選び方

 

自分に合った退職代行の選び方は以下の5つです。

 

退職代行の選び方

  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉可能か
  • 実績と口コミ
  • 独自サービスの有無

 

一つずつ解説します。

 

種類で選ぶ

一つ目は「種類で選ぶ方法」です。

 

退職代行の種類は以下の3つ。

 

退職代行の種類

  • 弁護士法人
  • 労働組合
  • 一般企業

 

表でまとめると以下の通りになります。

 

一般企業 弁護士 労働組合
会社への通知
即日退職
会社との交渉 ×
裁判の代理人 × ×

 

退職させると言う行為はどれも同じ。

違うところは「対応できる範囲」です。

 

それぞれの種類別に解説していますので参考にどうぞ。

 

 

まずは3つの種類があるということを理解しましょう。

 

料金で選ぶ

次に「料金で選ぶ方法」です。

 

料金相場は以下の通り。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 一般企業:約25,000円ほど

 

通常退職することにお金はかかりません。

しかしお金をかけてでも辞めたいときに使うのが退職代行です。

 

そのサービスにいくらまで使えるかは人それぞれなので、だいたいの相場観を掴んでおきましょう。

 

個人的に言えば「労働組合」がオススメ!

対応できる範囲と料金設定のバランスが取れているからです。

わたし

 

料金を抑えたい!という方はこちらの記事をご覧ください。

»安い退職代行まとめ

 

交渉可能か

三つ目が「交渉が可能かで選ぶ方法」です。

 

ここは超重要。

 

「弁護士」と「労働組合」以外は交渉ができません。

一般企業が交渉してしまうと非弁行為に該当します。

 

よって交渉できるかは大事なポイントとなります。

 

改めて先ほどの表を見ておきましょう。

 

一般企業 弁護士 労働組合
会社への通知
即日退職
会社との交渉 ×
裁判の代理人 × ×

 

  • 一般企業は退職意思を伝えるだけ
  • 労働組合と弁護士は退職交渉が可能

 

実績と口コミ

四つ目が「実績と口コミで選ぶ方法」です。

 

退職代行のHPには実績が載っています。

 

  • 顧客満足度No.1
  • 退職実績No.1
  • 退職実績No.1

 

こんな目に見える実績は一つの安心材料になります。

 

口コミはTwitterなどのSNSに載っているので参考にしましょう。

 

使った方の意見は大変参考になります。

»退職代行の体験談

 

独自サービスの有無

五つ目が「独自サービスの有無で選ぶ方法」です。

 

退職代行は業者によって独自サービスを展開しています。

 

  • 転職サポート
  • 引越しサポート
  • 心理カウンセリング
  • キャッシュバック

 

どうせ利用するならお得に利用したい。

 

そんな方は、独自サービスの有無で決めるのも一つの方法です。

 

【種類別】オススメ退職代行3選

オススメの退職代行

 

実際にどの退職代行がオススメなんでしょうか。

 

ということで、この章では本当にオススメできる退職代行を3つご紹介します。

 

種類編

まずは種類別に見たオススメの退職代行です。

 

前述の通り、退職代行の種類は以下の3つ。

 

退職代行の種類

  • 弁護士法人
  • 労働組合
  • 一般企業

 

弁護士法人でオススメの退職代行

弁護士法人みやび

名称 弁護士法人みやび
料金 55,000円+回収額の20%
受付時間 メールやLINEで24時間受付可能
オススメ度
備考 知名度が高い弁護士対応の退職代行。弁護士に依頼するならここで間違いなし。

\弁護士の退職代行をお探しならココ/

詳しくはコチラ

 

労働組合が運営するオススメの退職代行

退職代行ガーディアン

名称 退職代行ガーディアン
料金 一律29,800円
受付時間 LINE、メールは24時間受付可能、電話は不明
対応範囲 全国
備考 知名度抜群の退職代行。労働組合が運営で安心して依頼できる。

\知名度抜群の安心代行/

詳しくはコチラ

 

一般企業が運営するオススメの退職代行

辞めるんです

名称 退職代行辞めるんです
料金 27,000円
受付時間 24時間対応可能
オススメ度
備考 追加費用なしの明朗会計。顧客満足度No.1!

\顧客満足度No.1/

詳しくはコチラ

 

料金編

では続いて料金編です。

 

利用相場は以下の通り。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 民間企業:約25,000円ほど

 

コスパが良い退職代行

退職代行SARABA

退職代行SARABA

名称 退職代行SARABA
料金 一律24,000円
受付時間 LINE、メール、電話は24時間受付可能
対応範囲 全国
備考 メディア出演実績多数で知名度抜群の退職代行。転職無料サポート付き。

\メディア実績多数/

詳しくはコチラ

退職代行ニコイチ

名称 退職代行ニコイチ
料金 27,000円
受付時間 24時間対応可能(LINE)
オススメ度
備考 退職実績No.1!創業17年と業界では古参。信頼と実績が伴っている。

\退職実績No.1!/

詳しくはコチラ

 

退職代行Jobs

退職代行Jobs

名称 退職代行Jobs
料金 一律27,000円+組合会費2,000円
受付時間 LINE、メールは24時間受付可能、電話は不明
対応範囲 全国
備考 弁護士監修+労働組合運営で超安心。引っ越しサポート等の付加サービスも充実。

\オススメ度No.1/

詳しくはコチラ

 

独自サービス編

退職代行にはそれぞれの特徴があります。

 

他とは一線を画す退職代行をご紹介します。

 

男性特化の退職代行

男の退職代行

名称 男の退職代行
料金 26,800円
受付時間 24時間いつでも
対応範囲 全国
備考 男性向けの退職代行。労働組合が運営するので安心。

\男性特化の退職代行/

詳しくはコチラ

 

女性特化の退職代行

わたしNEXT

名称 わたしNEXT
料金 29,800円
受付時間 24時間いつでも
対応範囲 全国
備考 女性向けの退職代行。顧客満足度が非常に高い。

\女性特化の退職代行/

詳しくはコチラ

 

退職代行サービスを選ぶ際の注意点

退職代行を選ぶ際の注意点

 

退職代行サービスを選ぶ際の注意点は以下の通りです。

 

退職代行を選ぶ注意点

  • 交渉が可能か
  • 料金が適正か
  • 訴えられないか

 

解説します。

 

交渉が可能か

交渉が可能か必ず確認しましょう。

 

もし仮に労働組合や弁護士法人に属していない業者が「交渉」できると言えば、一発アウト。

その業者は利用しないようにしましょう。

 

  • 一般企業→退職の意思を伝えるだけ
  • 労働組合→交渉可能
  • 弁護士→交渉可能。最強

 

ここは絶対なので注意しましょう。

 

交渉ができると会社からの嫌がらせを防ぐこともできます。

 

関連記事:退職代行で辞めると嫌がらせを受ける?

 

料金が適正か

料金が適正なのかも注意が必要です。

 

前述の通り、料金相場は以下の通り。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 一般企業:約25,000円ほど

 

なので、ここから逸脱するような業者はオススメできません。

 

また、オプション料金を請求されることもあるので、事前にいくらかかるかも確認が必要。

 

  • 交渉不要でコスパ重視→一般企業
  • 交渉必要で若干高い→労働組合
  • 高額も安心→弁護士

 

こんな感じです。

 

訴えられないか

訴えられないかも注意しましょう。

 

退職代行辞めると訴訟を起こされる恐れがあります。

 

  • 引き継ぎされなかった
  • 後任がいない
  • 業務の進捗がわからない

 

こう言った会社が不利益を被った場合に訴訟を起こされる可能性があります。

 

裁判ではまず負けることはありませんが、これは交渉が可能な労働組合でも対応できません。

 

「裁判には弁護士」

これは必ずなので、訴訟を起こす可能性がある悪徳会社なら初めから弁護士に依頼するのが無難と言えるでしょう。

 

関連記事:弁護士対応の退職代行!

 

まとめ:自分に合った退職代行を選ぼう!

まとめ

 

今回は「退職代行の選び方」について解説しました。

 

記事の要点

  • 自分に合った退職代行の選び方5選
  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉が可能か
  • 実績と口コミ
  • 独自サービスの有無
  • 【種類別】オススメの退職代行3選
  • 種類編
  • 料金編
  • 独自サービス編
  • 退職代行サービスを選ぶ際の注意点
  • 交渉が可能か
  • 料金は適正か
  • 訴えられないか

 

そして最もオススメできる退職代行サービスは以下の通り。

 

「弁護士法人」はコレ

名称 弁護士法人みやび
料金 55,000円+回収額の20%
受付時間 メールやLINEで24時間受付可能
オススメ度
備考 知名度が高い弁護士対応の退職代行。弁護士に依頼するならここで間違いなし。

\弁護士の退職代行をお探しならココ/

詳しくはコチラ

 

「労働組合」はコレ

退職代行Jobs

名称 退職代行Jobs
料金 一律27,000円+組合会費2,000円
受付時間 LINE、メールは24時間受付可能、電話は不明
対応範囲 全国
備考 弁護士監修+労働組合運営で超安心。引っ越しサポート等の付加サービスも充実。

\オススメ度No.1/

詳しくはコチラ

 

「一般企業」はコレ

名称 退職代行辞めるんです
料金 27,000円
受付時間 24時間対応可能
オススメ度
備考 追加費用なしの明朗会計。顧客満足度No.1!

\顧客満足度No.1/

詳しくはコチラ

 

退職代行は近年注目されているサービスです。

 

「退職代行で辞めるなんて考えられない」

そんな時代は終わりました。

 

精神を病んでまで働く必要なんて絶対にありません。

退職代行を利用して次のステージに進んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、なーぴょんでした。

-退職代行, 退職代行の知識