退職代行 退職代行の知識

退職代行のメリットとデメリットを徹底解説【知らないと後悔する!?】

8月 1, 2022

退職代行のメリットとデメリット

 

こんにちは、なーぴょん(@KOSODATEhoihoi)です。

このブログでは、転職ノウハウや転職サイトの選び方などを解説しています。

 

  • 退職代行のメリットとデメリットを知りたい
  • 退職代行にはどんなリスクがあるの?
  • 退職代行の選び方を知りたい

 

この記事は「退職代行のメリットとデメリット」についての質問にお答えします。

 

この記事の内容

  • 退職代行のメリット・デメリット
  • 退職代行を使う注意点と考えられるリスク
  • 退職代行はどのように選ぶべきか
  • オススメの退職代行とは

 

本記事では退職代行のメリットとデメリットについて詳しく解説しました。

 

退職代行のメリットやデメリットを理解しておくことで、退職代行を使うべきかを正しく判断できるようになります。

言い換えれば、退職代行のメリットやデメリットを理解せずに使うと、後悔することになるかもしれません。

 

  • 使い方を間違えたー!
  • 使って後悔したー!
  • そんなデメリットあるなんて知らなかったー!

 

そんなことにならないためにも、退職代行の正しい情報をキャッチしていきましょう。

 

※3分で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

退職代行サービスの基礎知識

退職代行の基礎知識

 

まずは退職代行サービスの基礎知識をおさらいしておきましょう。

 

退職代行ってなに?

という基礎的な内容を解説します。

 

退職代行とは

退職代行とは

本人に代わって、会社に退職連絡を代行するサービスです。

 

退職代行は10年以上前からあるサービスですが、2018年あたりからTV放送され一躍有名になりました。

労働環境が悪化する中、自分で退職の意思を伝えられない人、または退職の意向を受け入れてくれない企業が増えたんですね。

 

  • 退職の意思を聞き入れてくれない
  • 精神を病んでしまう
  • 会社の人と顔を合わせたくない
  • 嫌いな上司と会いたくない
  • 労働条件がブラックすぎる

 

こんな方が使うサービス。

それが「退職代行」です。

 

退職代行とは何かについて、以下の記事で詳しく解説しています。

»退職代行とは?メリットやデメリットから費用相場まで世界一わかりやすく解説!

 

退職代行の種類

退職代行の種類は大きく分けて3つあります。

 

退職代行の種類

  • 弁護士法人
  • 労働組合
  • 一般企業

 

それぞれに特徴がありますので、自身の境遇に合わせて利用することが大切です。

 

 

退職代行のデメリット

退職代行のデメリット

 

まず退職代行のデメリットから解説します。

 

退職代行のデメリット

  • お金がかかる
  • 会社と関係が悪くなる
  • 悪質な業者が存在する
  • 利用できない職種がある
  • 同業界への再就職が困難
  • 理解がない人がいる
  • 賞与の支給がされないかも

 

一つずつ解説します。

 

お金がかかる

デメリットの一つ目は「お金がかかる」ことです。

 

そもそも退職は労働者の権利なので、そこにお金はかかりません。

しかし退職代行を利用するとお金がかかる。

 

お金がかからないものに対してお金を払うので、デメリットになります。

 

ちなみに各サービスの利用相場は以下の通り。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 民間企業:約25,000円ほど

 

決して安い金額ではないので、本当に使うべきかどうか、精査したいですね。
わたし

 

会社と関係が悪くなる

二つ目のデメリットが「会社と関係が悪くなる」と言うことです。

 

会社にとって退職代行を使われることのメリットは一つもはありません。

むしろ否定的に思われることの方が多いでしょう。

 

  • 人がいないのに辞めやがって!
  • 引き継ぎもしてないじゃないか!
  • 礼儀知らずな奴だ!

 

そう思われることの方が多いので、会社との関係性は悪くなります。

 

辞める会社に何を言われようが構わないなら問題ありませんが…

なんか気分悪いですよね。。

わたし

 

関連記事:退職代行に罪悪感はいらない!

 

悪質な業者が存在する

三つ目のデメリットは「悪質な業者が存在する」ということです。

 

  • 非弁行為をしてしまう
  • 相場から逸脱した料金を請求する
  • 希望通りの退職ができない

 

このように、悪質な業者は存在します。

信頼できる業者を選ばないと、ただお金を損するだけでなく、人生を大きく狂わすこともありますので注意が必要です。

 

利用できない職種がある

四つ目は「利用できない職種がある」ということです。

 

利用できない職種は以下の通り。

 

  • 公務員
  • 自衛隊

 

これらは「地方公務員法」や「国家公務員法」により、第3者による退職が原則不可能となっています。

よって、退職代行は使えません。

 

同業界への再就職が困難

五つ目は「同業界への再就職が困難」になりやすい点です。

 

業界内では噂って広がりやすいものです。

特に、退職代行を使って辞めたという話は尚更でしょう。

 

  • 前職と現職の会社の社長が知り合いだった
  • 以前働いていた職場の従業員が転職してきた
  • 合同企業説明会で前の会社が出展していた

 

こう言った理由で噂は広がります。

噂が広がってしまうと再就職しにくくなってしまうかもしれません。

 

関連記事:退職代行のその後が気になる方へ!

 

理解がない人がいる

六つ目のデメリットは「理解がない人がいる」ということです。

 

退職代行を利用することに対して「非常識だ」と思う方がいます。

 

  • いい大人が退職代行を使うなんてあり得ない
  • 自分の口で言うべきだ
  • 退職代行なんて非常識だ

 

こんな意見が一定数あるんですね。

 

退職代行の利用に否定的な意見もあるということは知っておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに「退職代行の利用は非常識か」ということに対して解説しました。

»【2000人に聞いた】退職代行は非常識?クズや卑怯などの反対意見を完全論破!

 

賞与の支給がされないかも

七つ目のデメリットは「賞与が支給されないかも」ということ。

 

賞与って給与と違い、必ず支給しないといけないわけではありません。

要するに「業績に応じて」というやつ。

 

なので退職代行を利用し辞めた人に対して、会社は賞与を支給しないだろうということ。

 

  • 例年の給与支給額を把握する
  • 支給金額のおおよそを調べておく
  • 賞与が支給されてから退職代行を使う

 

この辺りは事前にしておきましょう。

 

関連記事:退職代行で起こりやすいトラブルとは

 

退職代行のメリット

退職代行のメリット

 

次に退職代行のメリットです。

 

退職代行のメリット

  • 100%退職できる
  • 会社に行かずに退職可能
  • 顔を合わせなくて済む
  • 即日退職が可能
  • 無駄な時間を無くせる
  • 精神的負担がかからない
  • 退職後のフォローも充実

 

一つずつ解説します。

 

100%退職できる

退職代行は100%退職できます。

 

会社を辞めるために利用するサービス。

辞められて初めて価値を生みます。

 

その点、どの退職代行も基本的に100%退職できるので、安心して良さそうです。

 

「退職できなかったら全額返金」と謳う業者があります。

しかし100%退職できるので他の業者との差別化にはなりません。

 

要するに、どの退職代行を利用しても辞められると言うことだね!
わたし

 

会社に行かずに退職可能

退職代行は会社に行かずに退職可能です。

 

  • 辞める会社に行くのって憂鬱
  • 会社に行かずに手続きしたい
  • 無駄な労力を使いたくない
  • 会社に行くと思うと気分が悪くなる

 

こう言ったことを解決してくれるのが退職代行。

会社に行かずに退職できるのって、精神的にかなり助かります。

 

顔を合わせなくて済む

退職代行を利用すると顔を合わさずに退職可能です。

 

  • 嫌な上司
  • 苦手な同僚
  • うざい部下

 

退職代行を利用したら、こんな人たちに会わずに退職が可能です。

 

それだけでもメリットはありますね!
わたし

 

即日退職が可能

退職代行は即日退職が可能です。

(厳密に言うと、依頼した日から正式な退職日まで有給を取るので、事実上、即日退職ということですが…)

 

とにかく、依頼さえすれば必ず退職できます。

 

有給の取得を渋る会社もあります。

会社と交渉ができるのは「弁護士」か「労働組合」のみ。

交渉が必要な場合はどちらかに依頼しましょう。

 

無駄な時間を無くせる

退職代行を利用すると無駄な時間を無くせます。

 

  • 退職しようか悩んでいる
  • 引き留められている
  • 精神を病みながら働いている

 

これ正直いうと、時間の無駄です。

嫌な思いをしてまで働く理由などありません。

 

退職代行を利用してサクッと辞め、新しい仕事に挑戦した方が絶対良い。

人生は自分のものですよ。

 

精神的負担がかからない

退職代行は精神的負担がかかりません。

 

  • すんなり辞めさせてもらえるだろうか
  • 上司から小言ばかり言われる
  • 退職の手続きのために会社に行かなくちゃ…
  • 会社のことを考えると気分が悪くなる

 

こう言った精神的ストレスから解放されます。

 

働きながら精神をすり減らし、退職するときにも病んでしまう。

 

こんな感覚からさよならできます。

 

退職後のフォローも充実

退職代行は退職後のフォローも充実しています。

 

  • 無料転職サポート
  • 引越しサポート
  • 心理カウンセリング
  • 祝い金制度

 

実施しているサポートは業者によってそれぞれですが、退職後も安心して前に進めるような取り組みがたくさんあります。

 

対応できるサポートの種類で選ぶのもいいかも!
わたし

 

退職代行を利用するべき人については以下の記事をご覧ください。

»退職代行を利用するべき人の特徴7選!状況別に見た退職代行の選び方も解説!

 

退職代行を使う注意点や考えられるトラブル

退職代行の注意点やトラブル

 

退職代行を使う注意点や考えられるトラブルは以下の通り。

 

注意点やトラブル

  • 違法業者がある
  • 訴えられることがある
  • 家に来られる

 

それぞれ解説します。

 

違法業者がある

退職代行の中には違法業者が存在します。

最も多いのが「非弁行為」

 

一般企業が運営する退職代行は退職意思を伝えることしかできません(=交渉ができない)

 

  • 有給の取得
  • 未払い賃金の交渉
  • 退職時期の交渉
  • 残業代の請求

 

こう言った交渉は「弁護士」か「労働組合」しか対応できないので注意しましょう。

 

 

訴えられることがある

退職代行を利用すると訴えられることがあります。

(ごく稀ですが…)

 

  • 引き継ぎもせずに辞めたので業務に支障をきたした
  • 関係会社との取引が解消した
  • 残った従業員が業務を遂行できない
  • 後任がいないのに退職した

 

退職代行の利用に伴い損害賠償請求する会社は基本ありませんが、万が一訴訟になった場合は弁護士しか対応できません。

 

訴訟になる恐れのある方は、初めから弁護士に依頼するのが無難と言えるでしょう、

 

家に来られる

これもごく稀に家に来られることがあります。

 

あまりにも業務の遂行に支障をきたしていたりする場合です。

 

そんなことが起こらないように、退職時にしっかりと伝えてもらうことが重要。

 

  • 電話はしてこないこと
  • 家には来ないこと
  • 申し送りは書類で置いておくこと

 

こんな対応をすることでトラブルを未然に防げます。

 

退職代行はどのように選ぶべきか

退職代行はどのように選ぶべきか

 

退職代行はどのようにして選ぶべきか。

私は3つのポイントをおすすめします。

 

退職代行の選び方

  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉が可能か
  • 実績と口コミ
  • 独自サービスの有無

 

一つずつ解説します。

 

種類で選ぶ

まずは種類で選ぶ方法です。

 

退職代行の種類

  • 弁護士法人
  • 労働組合
  • 一般企業

 

前述の通り、退職代行の上記3つに分類できます。

 

交渉が必要なら「弁護士」か「労働組合」

退職の意思をつたえるだけでいいなら「一般企業」

 

使い分けしましょう。

 

料金で選ぶ

次に、料金で選ぶ方法です。

 

利用相場はざっくり以下の通り。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 民間企業:約25,000円ほど

 

自分の予算に応じた業者選定を行いましょう。

 

料金を抑えたい人はこちらのご覧ください。

»安い退職代行まとめ

 

交渉が可能か

交渉が可能かも重要なポイントです。

 

  • 有給が取れなかった
  • 未払いの給与は支払われると思ってた
  • 残業代が支払われない

 

退職するとこれらを対応してくれるものだと思っていても、会社はなかなか動いてくれないこともあります。

 

そこで必要になるのが、「交渉」です。

 

非弁行為で犯罪を犯す前に、交渉可能な業者に依頼することが大切です。

 

実績と口コミで選ぶ

実績と口コミで選ぶ方法もあります。

 

退職代行って初めて使うと思います。

なので、依頼する業者が信頼できるかどうかって超重要。

 

  • 代行実績:◯◯件
  • 顧客満足度No.1
  • 退職成功率100%

 

こういった目に見える実績は安心できる一つのポイントとなります。

 

また口コミも参考になるので確認しましょう。

 

全ての口コミが正しいとは言えません。

信頼できる情報か見極めることが大切です。

 

利用者の声は参考になるので、業者選定時に必ず確認しましょう。

»退職代行の体験談

 

独自サービスの有無

独自サービスの有無で選ぶのも良いでしょう。

 

  • 引越しサポート
  • 無料転職サポート
  • 祝い金
  • 心理カウンセリング

 

お得に利用すると、利用料が全額キャッシュバックされ、事実上無料で利用できる場合もあります。

 

どのような点に重きを置くのかによって依頼する業者を変えましょう。

 

オススメの退職代行はこれだ!

オススメの退職代行

 

オススメの退職代行は「弁護士」か「労働組合」です。

 

その中で特にオススメな退職代行をご紹介します。

 

弁護士が運営

特徴

  • 安心の弁護士対応
  • 口コミ実績ともに良く、信頼できる
  • 弁護士で最も知名度の高い退職代行

\知名度抜群の弁護士による退職代行/

詳しくはコチラ

 

労働組合が運営

労働組合が運営する退職代行は3つご紹介します。

 

退職代行Jobs

特徴

  • 心理カウンセリングが受けられる
  • 引越しサポートがある
  • 弁護士が監修し労働組合が対応

\独自サポートが充実/

詳しくはコチラ

 

退職代行ガーディアン

 

特徴

  • 知名度抜群
  • 一律29,800円の明朗会計
  • メディア掲載実績多数

\知名度が高い信頼できる業者/

詳しくはコチラ

 

退職代行SARABA

 

 

特徴

  • 知名度抜群
  • メディア掲載実績多数
  • 無料転職サポート付き

\安心の労働組合が運営/

詳しくはコチラ

 

 

まとめ:メリットとデメリットを正しく理解し利用しよう!

まとめ

 

今回は、退職代行のメリットとデメリットを徹底解説しました。

 

記事の要点

  • 退職代行のデメリット
  • お金がかかる
  • 会社との関係が悪くなる
  • 悪質な業者が存在する
  • 利用できない職種がある
  • 同業界への就職が困難
  • 理解がない人がいる
  • 賞与の支給がされないかも
  • 退職代行のメリット
  • 100%退職できる
  • 会社に行かずに退職可能
  • 顔を合わせなくて済む
  • 即日退職が可能
  • 無駄な時間を無くせる
  • 精神的負担がかからない
  • 退職後のフォローも充実
  • 退職代行を使う注意点や考えられるトラブル
  • 違法業者がある
  • 訴えられることがある
  • 家に来られる
  • 退職代行はどのように選ぶべきか
  • 種類で選ぶ
  • 料金で選ぶ
  • 交渉が可能か
  • 実績と口コミで選ぶ
  • 独自サービスの有無

 

そしてオススメできる退職代行は以下の通りです。

 

オススメの退職代行

 

退職代行のメリットとデメリットを正しく理解し依頼することが安心へとつながります。

 

人生の主役はあなたです。

前向きに働ける職場と出会うために、嫌な会社はサクッと退職し次の人生を踏み出してみましょう!

 

以上、なーぴょんでした。

-退職代行, 退職代行の知識