退職代行 退職代行の知識

【超重要】退職代行を使って後悔した事例5選と失敗しないために大切なこと

10月 31, 2022

退職代行を使って後悔した事例5選と失敗しないために大切なこと

 

こんにちは、なーぴょん(@KOSODATEhoihoi)です。

このブログでは、転職ノウハウや転職サイトの選び方などを解説しています。

 

悩む男性
退職代行を使いたいんだけど、後悔はしたくない!

どんなときに後悔するのか教えてください。

失敗しないために大切なこともあるの?

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 退職代行を使って後悔する事例5選
  • 退職代行を使って後悔しなかった事例5選
  • 退職代行を後悔する人としない人の違い
  • 退職代行を後悔しないための注意点
  • オススメの退職代行3選

 

本記事は「退職代行の利用を後悔するのかどうか」について解説しました。

 

この記事を読めば、退職代行で後悔するときとしないときの違いや注意点が理解できるようになります。

 

  • 退職代行を使うか検討している
  • 退職代行を使うと後悔するかもしれないので不安
  • 後悔しない使い方を教えてほしい

 

こんな方にピッタリな内容となります。

 

※3分で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

退職代行を使って後悔する事例5選

退職代行を使って後悔する事例5選

 

まず退職代行を使って後悔する事例を5つ説明します。

 

後悔する事例

  • 業者選びの失敗
  • リスクの理解度
  • 罪悪感
  • 依頼理由が不純
  • 自己嫌悪

 

一つずつ見ていきましょう。

 

業者選びの失敗

業者選びを失敗してしまうと後悔します。

 

  • 悪徳業者に依頼してしまった
  • 非弁行為を普通にしている
  • 料金高すぎる
  • 希望の交渉で退職できない
  • 退職できないと言われた

 

トラブルなく退職するために依頼したにもかかわらず、結果的に希望通りの退職ができなかった。

 

業者選びを失敗してしまうと後悔することになります。

 

リスクの理解度

退職代行へのリスク理解度が低いと後悔することがあります。

 

  • 損害賠償請求を受ける可能性
  • 業界内で噂になる可能性
  • 退職時に必要な書類を送ってくれない
  • パワハラや嫌がらせを受ける

 

退職代行からの申し出に断る企業はほとんどありませんが、リスクは「0」ではないということは知っておきましょう。

 

罪悪感

罪悪感を感じて退職代行の利用を後悔することもあります。

 

会社や上司が嫌で退職代行を利用する方が多いですが、世話になった方まで嫌いになることはありませんよね。

 

  • 世話になった人に挨拶できない
  • 引き継ぎできず後任に申し訳ない
  • 取引先に迷惑をかけた

 

正義感が強い人ほど悩み後悔することが多いようです。

 

罪悪感を感じて後悔する方も多いです。

 

関連記事:退職代行に罪悪感はいらない!

 

依頼理由が不純

依頼理由が不純な場合も後悔しやすいでしょう。

 

例えば、

  • 直接言いたくないだけ
  • めんどくさいだけ
  • 誰かが使ってたらか
  • なんとなく

 

こんなとき。

 

退職代行はもちろん利用料金がかかります。

 

依頼しなくても自分で退職できるならお金の無駄と感じてしまうかもしれません。

 

自己嫌悪

自己嫌悪に陥ってしまう場合も後悔するかもしれません。

 

  • 直接言えないダメな人間なんだ
  • 根性なし
  • 自己主張ができない
  • もっと仕事ができる人間だったら

 

退職は自分で言うべきだと認識しているからこそ自己嫌悪に陥ってしまう場合があります。

 

それでも大丈夫!退職代行はそんなあたなの味方です!

気にせず辛いなら依頼しましょう!

わたし

 

関連記事:退職代行を利用する人の特徴7選

 

退職代行を使って後悔しなかった事例5選

退職代行を使って後悔しなかった事例5選

 

後悔する可能性もありますが、大半の方は後悔せず退職代行を使って良かったと考えています。

 

この章では退職代行使って後悔しなかった事例を解説します。

 

後悔しない事例

  • 身体を壊さなくて済んだ
  • 時間を大切にできた
  • 良い職場に出会えた
  • 手続きが超簡単
  • 希望条件で退職できた

 

この5つです。

 

身体を壊さなくて済んだ

身体を壊さなくて済んだとの意見が後悔しなかった意見で最も多いです。

 

  • 休み明けが憂鬱
  • 会社に行くときに気分が悪くなる
  • 足が動かない
  • 精神科に通うか悩んでいる

 

自分の身体より大切な仕事はありません。

 

過度なストレスで身体を壊すくらいなら退職代行を使ってでも辞めるべきです。

 

退職代行はそのために存在するサービスです。

 

時間を大切にできた

時間を大切にできたという意見も多いです。

 

  • 毎度引き留められる
  • 退職交渉が進まない
  • 嫌な職場で過ごす時間がもったいない
  • 残業が多く自分時間がない

 

退職したいのに辞められない。

上司が退職の申し出を聞き入れてくれない。

早く辞めたい。

 

こんな無駄な時間を過ごすくらいなら退職代行で辞めた方が良いという考えです。

 

時間は有限。

自分の身体を守りつつ、時間も大切にしたいものです。

 

良い職場に出会えた

良い職場に出会えたという方は退職代行を利用して良かったと思えます。

 

  • ストレスなく働けている
  • 人間関係が良好
  • 残業も少ない
  • 労働条件が良い
  • 給与も高い

 

これら好条件の職場に出会うためには、今働いているブラック企業を辞めないといけません。

 

退職代行のなかには転職サポートをしている業者もあるので、辞めてからのことも安心して任せられます。

 

あなたが居心地の良いと思える会社は必ずあります。

 

それを探すためには辞めにくければ退職代行を利用しましょう。

 

手続きが超簡単

退職代行は手続きが超簡単です。

 

今まで何度上司に言っても聞く耳を持ってもらえなかったことを思うと、驚くほど簡単に退職できます。

 

あなたがやることは以下の3つだけ。

  • 依頼する
  • 条件を伝える
  • 会社に返却する

 

たったこれだけ。

 

こんなに簡単に辞められるならもっと早く使ったら良かったという方がほとんどです。

 

希望条件で退職できた

希望条件で退職できた方も後悔はしないでしょう。

 

  • 未払い賃金の請求
  • 残業代の請求
  • 有給の取得
  • 退職時期の交渉

 

自分で退職交渉をしては、希望条件で退職できないことが多いのではないでしょうか。

 

しかし退職代行なら話は別。

 

法律に則り、希望条件に近づけた形で退職できます。

 

交渉できるのは「労働組合」と「弁護士法人」のみ。

一般の民間企業は交渉できませんので注意が必要です。

わたし

 

関連記事:退職代行は労働組合に依頼するべき4つの理由

関連記事:弁護士対応の退職代行

 

退職代行を使って後悔する人としない人の違い

退職代行を使って後悔する人としない人の違い

 

退職代行を使って後悔する人としない人を表にまとめてみました。

 

退職代行で後悔した人 退職代行で後悔しなかった人
  • 業者選びの失敗
  • リスクの理解度
  • 罪悪感
  • 依頼理由が不純
  • 自己嫌悪
  • 身体を壊さなくて済んだ
  • 時間を大切にできた
  • 良い職場に出会えた
  • 手続きが超簡単
  • 希望条件で退職できた

 

ここにどんな違いがあるのでしょうか。

 

結論を言うと、「退職したい気持ちが継続しており、辞めたくても辞められない状態かどうか」です。

 

一時的に辞めたいと思った程度で退職代行を利用すると後悔することが多くなります。

 

しかしずっと辞めたいと思っており、でも辞められないと感じている人が利用すると後悔することは少なくなるでしょう。

 

一度自分が辞めたいと思っている理由を冷静に考え、退職代行を利用するべきか判断しましょう。

自分で言えず、耐えられないようであれば躊躇わずに利用して問題ありません!

わたし

 

関連記事:退職代行のその後が気になる方へ!

 

退職代行利用時によくある不安や悩み

退職代行利用時によくある不安や悩み

 

自分には退職代行の利用が適切だと感じたとしても、不安や悩みもあるはずです。

 

この章では、退職代行利用時によくある不安や悩み解説します。

 

退職代行の不安や悩み

  • 退職代行は非常識?
  • 退職代行は違法?
  • 次の就職に影響する?
  • 未払い賃金がある
  • 本当に退職できる?

 

一つずつ解説します。

 

退職代行は非常識?

退職代行の利用は非常識だという意見があり不安になる方もいます。

退職は普通自分で言うものだと認識されているからです。

 

しかし全く非常識ではなく、むしろ非常に素晴らしいサービスだと言えます。

 

  • 人生は一度きり
  • 心身の健康が最重要
  • 会社側にも問題がある
  • 会社も問題を認識できる
  • 退職を拒む方が違法

 

これらが理由です。

 

自分が壊れる前に使うが吉。

 

非常識と言われても気にする必要ありません。

関連記事:退職代行は非常識?

 

また退職代行はありえないと言われることもありますが、こちらも気にする必要ありません。

関連記事:退職代行はありえない?

 

退職代行は違法?

退職代行は違法なのかという不安もあるかもしれません。

 

これについては、一部の理由は除いては全く問題ありません。

 

違法な場合は以下の通り。

違法な場合

  • 非弁行為をしている

 

これ以外は違法ではありません。

 

非常識と言われようが最低と言われようが、全く問題ありません。

 

次の就職に影響する?

次の就職に影響するかもと悩む方もいます。

 

同じ業界に就職する場合、退職可能で辞めたということが噂で広がり影響する可能性があります。

 

しかし退職代行を使った明確な理由があれば、気にすることはありません。

 

  • パワハラが横行している
  • 辞めたくても辞められない
  • 身体を壊しそう
  • 休みが取れない
  • 未払い賃金がある

 

もし仮に退職代行を利用したことが不採用の理由になるような会社なら、こっちから願い下げです。

 

もっと良い会社があるので、そちらに就職しましょう。

 

関連記事:退職代行で辞めると嫌がらせを受ける?

 

未払い賃金がある

未払いの賃金があるけど、きっちり回収できるのかといった不安もあるかもしれません。

 

結論を言うと、賃金は労働の対価なので、必ず回収できます。

 

しかし会社との交渉ができるのは以下の2つ。

交渉ができる退職代行

  • 労働組合
  • 弁護士法人

 

なので未払い賃金がある場合は、上記2つのどちらかに依頼する必要があります。

 

本当に退職できる?

本当に退職できるの?という不安もあるかもしれません。

 

結論は、確実に退職できます。

なぜなら、労働者には退職の自由が法律で認められているからです。

 

  • 2週間前に申し出る
  • 会社から借入をしていない
  • 会社備品を返却する

 

いくつかの条件がありますが、当たり前の内容です。

 

会社側が拒否しようが関係ありません。

 

退職代行では驚くほど簡単に退職できますよ。

 

関連記事:退職代行で起こりやすいトラブルとは?

 

退職代行を使って後悔しないための注意点

退職代行を使って後悔しないための注意点

 

退職代行を使う限り、後悔なんてしたくありませんよね?

 

この章では、退職代行を使って後悔しないための注意点を解説します。

 

注意点

  • 業者選定は確実に行う
  • 相場感は大切にする
  • できることはしておく
  • サービス内容の把握
  • 気持ちを整理する

 

この5つです。

 

業者選定は確実に行う

業者選定は確実に行いましょう。

 

具体的には「労働組合が運営している退職代行」がオススメ!

 

労働組合がオススメな理由

  • 確実に辞められる
  • 交渉ができる
  • 料金が安い
  • バランスが取れている

 

退職交渉以外にも付加サービスを実施しているところもあります。

 

確実に、かつお得に、そして効果的に辞めるなら「労働組合」一択です!

 

関連記事:退職代行は労働組合に依頼するべき4つの理由

 

相場感は大切にする

相場感も大切にしましょう。

 

料金相場は以下の通り。

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 民間企業:約25,000円ほど

 

なので、この金額から大きく外れている業者は信用できない可能性が高いです。

 

できるだけ安い業者に依頼したいという方も、ある程度の相場感は意識しておきましょう。

 

関連記事:安い退職代行まとめ

 

できることはしておく

できることはしておきましょう。

 

いくら誰とも会わず即日退職できると言っても、残された社員が迷惑をすることはわかります。

できることをせず辞めることにより予期せぬトラブルに発展する可能性も。

 

できること

  • 申し送りのメモ
  • 世話になった人への挨拶
  • 転職活動

 

申し送りは実際に直接する必要はありません。

 

必要事項をメモに残し、置いておくだけでOK!

 

有ると無いのとでは大きく違います。

 

関連記事:退職代行を利用する前にやっておきたいこと

 

サービス内容の把握

利用する業者のサービス内容は把握しておきましょう。

 

業者によって付加サービスの内容が違います。

 

退職代行のサービス内容

  • 退職書類のテンプレ配布
  • 転職支援
  • 引越しサポート
  • 心理カウンセリング
  • 祝い金制度

 

お得に利用するならサービス内容の把握が必須です。

 

実質、利用料金が無料になることもありますよ。

事前にしっかり確認しましょう。

わたし

 

気持ちを整理する

そして最も大切なことは気持ちを整理するということです。

 

気持ちの整理ができずに利用すると後悔してしまうかも。

 

  • 退職代行は決して悪いサービスではない
  • 退職代行の利用は非常識では無い
  • 自分の体が最も大事である
  • 新しい道に進むんだという意思

 

前向きに働きたいと思うなら、退職代行を利用して辞めるのは全く問題ありません。

 

そもそも退職代行の利用はたいそうなことではありません。

今後、退職者の2〜3人に1人は使う時代がきますよ。

わたし

 

絶対に後悔しないオススメの退職代行3選

絶対に後悔しないオススメの退職代行3選

 

では実際にどの退職代行を利用したらいいのかオススメ業者3つを紹介します。

 

Jobs

名称 退職代行Jobs
タイプ 労働組合
料金 27,000円+組合費2,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジット、銀行振込、コンビニ決済、現金翌月払い
対応エリア 全国

 

\独自サービスが充実/

今すぐ申し込む

労働組合の退職代行で超オススメ!

 

ガーディアン

名称 退職代行ガーディアン
タイプ 労働組合
料金 29,800円
対応時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\圧倒的知名度/

今すぐ申し込む

知名度が高い→信頼度が高い!

 

SARABA

名称 退職代行SARABA
タイプ 労働組合
料金 24,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\返金保証付きで安心/

今すぐ申し込む

ネーミングセンス抜群!そして実績も抜群!

 

まとめ:後悔しないように事前準備をして利用しよう!

後悔しないように事前準備をして利用しよう!

 

今回は、退職代行を使って後悔した事例と後悔しなかった事例を解説してきました。

 

記事の要点

  • 退職代行の利用を後悔する事例
  • 業者選びの失敗
  • リスクの理解度
  • 罪悪感
  • 依頼理由が不純
  • 自己嫌悪
  • 退職代行の利用を後悔しない事例
  • 身体を壊さなくて済んだ
  • 時間を大切にできた
  • 良い職場に出会えた
  • 手続きが超簡単
  • 希望条件で退職できた
  • 退職代行の利用でよくある不安や悩み
  • 退職代行は非常識
  • 退職代行は違法
  • 次の就職に影響する?
  • 未払い賃金がある
  • 本当に退職できる?
  • 後悔しないための注意点
  • 業者選定は確実に行う
  • 相場感は大切にする
  • できることはしておく
  • サービス内容の把握
  • 気持ちを整理する

 

そしてオススメの退職代行業者は以下の3つです。

 

オススメの退職代行

 

退職代行の利用は、どんなときに後悔するのかおわかりいただけたでしょうか。

 

事前に良い悪いを把握していれば、後悔する確率は限りなく低くなります。

 

退職代行を利用して、今のブラック企業をサクッと辞めてはいかがでしょうか。

 

以上、なーぴょんでした。

-退職代行, 退職代行の知識