退職代行 退職代行の知識

退職代行で辞めると嫌がらせを受ける?【その原因と対処法を徹底解説】

退職代行で辞めると嫌がらせを受ける?【その原因と対処法を徹底解説】

 

こんにちは、なーぴょん(@KOSODATEhoihoi)です。

このブログでは、転職ノウハウや転職サイトの選び方などを解説しています。

 

困る男性
退職代行を使うと嫌がらせにあうって聞いたけど、実際どうなの!?

対処法があれば教えて欲しい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 退職代行を使うと嫌がらせをされる原因
  • 嫌がらせの事例
  • 嫌がらせを受けないための対策
  • 嫌がらせを受けたときの対処法
  • 嫌がらせを受けない業者選定ポイント
  • オススメの退職代行業者

 

本記事は「退職代行を利用すると嫌がらせをされそうで不安」という方に向けて解説しています。

この記事を読めば、嫌がらせをされても不安になることなく冷静に対処できるようになります。

 

  • 退職代行を利用したい方
  • 利用後の嫌がらせが怖い方
  • 嫌がらせされた際の対処法を知りたい方

 

こんな方にピッタリの内容になっています。

 

※3分で読めますので、最後までご覧ください。

 

関連記事:退職代行とは?

 

退職代行の利用で嫌がらせをされる4つの原因

退職代行の利用で嫌がらせをされる4つの原因

 

退職代行の利用で考えられる嫌がらせの原因は以下の4つです。

 

嫌がらせの原因

  • 原因①:会社の考え方
  • 原因②:依頼者の問題
  • 原因③:代行業者の問題
  • 原因④:退職時期の問題

 

それぞれ見ていきましょう。

 

原因①:会社の考え方

一つ目は、会社の考え方が原因になるケースです。

 

退職代行で辞めることは会社にとって望ましい形ではありません。

 

  • 非常識だ
  • ありえない
  • 人間としておかしい
  • 礼儀がない
  • 社会人として失格

 

このような考え方が嫌がらせをする原因になっています。

 

「非常識」や「ありえない」という意見に対して解説しています。

ぜひこちらの記事も参考にどうぞ。

わたし

 

 

原因②:依頼者の問題

二つ目は依頼者の問題が原因になるケースです。

 

例えば、

 

  • 会社と金銭トラブルを抱えている
  • 会社から借入をしている
  • 会社の機密情報を漏らした

 

このように依頼者自身が問題を抱えている場合、退職代行を利用すると大きな問題に発展する恐れがあります。

 

このような場合は裁判なることも視野に入れ、弁護士が運営する退職代行業者に依頼するのが望ましいでしょう。

 

関連記事:退職代行を使って後悔した事例5選と失敗しないために大切なこと

 

原因③:代行業者の問題

三つ目が代行業者に問題がある場合です。

 

会社側が代行業者からの退職申し出は受け入れないというスタンスだった場合、一般企業が運営する代行業者は交渉ができません。

つまり、退職そのものができないということです。

 

万が一そのようなことにならないためにも、代行業者の選定は確実にしておきたいものです。

 

原因④:退職時期の問題

四つ目が、退職時期の問題で嫌がらせを受けるケースです。

 

退職代行でよく目にする「即日退職」は、有給を使って依頼した日から事実上出勤しなくて良いという意味です。

 

なのでそもそも有給がないと即日退職することができません。

 

  • 有給がないと欠勤扱いになる
  • 給与が減額される
  • 出社すると無視される
  • 業務を押し付けられる

 

なので嫌がらせを受けないように退職日はしっかりと相談して決めましょう。

 

退職代行の利用で受けやすい嫌がらせの事例5選

退職代行の利用で受けやすい嫌がらせの事例5選

 

この章では退職代行の利用で受けやすい嫌がらせを紹介します。

 

嫌がらせ事例

  • 書類が届かない
  • 連絡がしつこい
  • 有給が取れない
  • 転職を妨害される
  • 損害賠償を請求される

 

この5つです。

 

関連記事:退職代行で起こりやすいトラブルとは

 

書類が届かない

一つ目が書類が届かないという嫌がらせです。

 

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

 

これらの重要書類が送られてこないことがあります。

 

書類を送らないことは法律違反に該当するので、速やかに送るように代行業者より依頼しましょう。

 

それでも送られてこない場合は、関係機関に相談してみましょう。

 

書類 関係機関
離職票 ハローワーク
雇用保険被保険者証 ハローワーク
源泉徴収票 税務署
年金手帳 年金事務所

 

連絡がしつこい

二つ目が連絡がしつこいという嫌がらせです。

 

  • 業務の進捗
  • 退職代行を利用した理由
  • 担当者の氏名
  • 関係者との関係性

 

申し送りを受けていないからという理由で退職したにもかかわらずしつこく連絡されることがあります。

 

また上司が家に来るなんてことも。

 

その際は代行業者に連絡して会社にキツく伝えてもらいましょう。

 

ひどい場合は警察に連絡するのもアリです。

 

有給が取れない

三つ目が有給が取れないという嫌がらせです。

 

有給は労働者の権利であるにもかかわらず、退職代行で辞めるだけで嫌がらせをされることがあります。

 

会社がいかに有給を取らせないと言っても関係ありません。

有給は取れる!

 

堂々と申請しましょう。

 

有給日数は以下の通り。

 

勤続年数 有給付与日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日

 

今まで有給を取っていなかったのであれば確実に有給日数が余っています。

 

退職代行に依頼する前に、残有給日数を確認しておこう!

依頼後に役立ちますよ。

わたし

 

転職を妨害される

四つ目が転職を妨害されるという嫌がらせです。

 

業界内は意外と狭いもので、会社の上司が別会社の人間と知り合いだったなんてことはよくあるパターンです。

 

次の会社で気持ちよく働くために、退職代行を利用することはあまり口外しない方が無難でしょう。

 

損害賠償を請求される

最後に損害賠償請求されるという嫌がらせです。

もはや嫌がらせの域を超えてますが…。。

 

これについてはほぼありませんが、会社とトラブルを抱えている場合は要注意。

 

  • 金銭の授受がある
  • 起業するのに同僚を引き抜いた
  • 会社の機密情報の漏らした
  • 会社が理不尽に被害を被った
  • 故意に会社備品を壊した

 

このようなトラブルを抱えている場合は、解消してから退職代行を利用しましょう。

 

関連記事:退職代行の体験談!

 

退職代行で嫌がらせを受けないようにするための対策

退職代行で嫌がらせを受けないようにするための対策

 

嫌がらせを受けないために、どうのように対処すれば良いのでしょうか。

 

この章では嫌がらせを受けないための対処法について解説します。

 

対処法

  • 挨拶は済ませておく
  • 必要事項をメモに残す
  • 即日退職する
  • 代行業者に任せる
  • 実績重視で業者を選ぶ

 

この5つです。

 

挨拶は済ませておく

一つ目は挨拶は済ませておくということです。

 

挨拶しておく人

  • 親しい同僚
  • お世話になった上司
  • 取引先
  • 関係者

 

ここで注意しておくことは、公私ともに心底お世話になったと思える人にのみ挨拶しておくことです。

 

ビジネス的に知り合った関係者や同僚、そして上司に挨拶する必要はありません。

 

間違ってもそこまで親しくない方に退職代行の利用を伝えないようにしましょう。

 

必要事項をメモに残す

二つ目は、必要事項をメモに残しておくということです。

 

本来、退職する際は引き継ぎをする必要はなく、退職代行を利用する際も例外ではありません。

 

しかし、きちんと引き継ぎをしないと嫌がらせをされやすくなるのも事実。

でも会社の人間に引き継ぎの時間を取られるのって嫌ですよね。

 

そんなときに効果的な方法が「メモを残す」ということ。

 

メモを残すメリット

  • 申し送りと同等の引き継ぎが可能
  • 嫌がらせの可能性が下がる
  • 会社側も助かる

 

嫌がらせをされる可能性を下げるためにもメモを残す用意しておきましょう。

 

そのメモは直接渡す必要はありません。

退職時に机に置いておきましょう。

 

即日退職する

三つ目は即日退職するということです。

 

よくある嫌がらせを紹介していますが、これらは実は多くありません。

むしろ退職代行を利用したとしても、嫌がらせなんてされないケースがほとんどです。

 

しかし、退職代行を利用した後にまだ出社しないといけない場合は別です。

 

なので確実に即日退職するのが必須

 

即日退職の方法

  • 有給日数を確認する
  • 交渉可能な業者に依頼する
  • 退職時期を明確に決めておく

 

仮に有給がなかったとしても最悪欠勤扱いで出社しないという方法もアリ!

 

即日退職に対して罪悪感を持つ方がいますが、心配ありません。

 

関連記事:退職代行に罪悪感はいらない!

 

代行業者に任せる

四つ目は代行業者に任せるといいうことです。

 

退職代行に依頼しても進捗状況が気になってしまいます。

 

  • ちゃんと退職の連絡をしてくれてるんだろうか
  • 会社側は受理してくれたのか
  • 悪い噂になっていないか
  • トラブルが起きていないか

 

ですが、依頼したからにはその気持ちをグッと堪え、代行業者に任せましょう。

 

依頼後にあなたがやることはほとんどありません。

慌てず心配にならず、退職完了の連絡を待ちましょう。

わたし

 

実績重視で業者を選ぶ

五つ目が実績重視で業者を選ぶということです。

 

実績が多ければそれだけノウハウが蓄積されているということ。

 

実績がある業者の強み

  • 不測の事態にも対処できる
  • スムーズに退職できる
  • 退職の確実性が増す
  • 口コミが多く評価しやすい

 

やはり実績がある業者の方が安心感があります。

 

退職というセンシティブな行為だからこそ、安心感を持って任せる業者に依頼しましょう。

 

関連記事:退職代行を利用する前にやっておきたいこと6選

 

退職代行を利用して嫌がらせを受けたときの対処法

退職代行を利用して嫌がらせを受けたときの対処法

 

対策をしても万が一嫌がらせを受けたらどうしたらよいのでしょうか。

 

この章では嫌がらせを受けたときの対策について解説しました。

 

対策

  • 記録に残す
  • 連絡先を変える
  • 弁護士に相談する

 

この3つです。

 

記録に残す

嫌がらせをされたら必ず記録に残すようにしましょう。

なぜなら有事のときに役立つからです。

 

残しておく記録

  • 暴言などの録音データ
  • メールなどの文面のやり取り
  • 現場の写真や動画
  • 手紙や脅迫文
  • 日記
  • 人からの証言

 

なんでも構いません。

自分が嫌がらせを受けたと感じたことは確実に記録として残しておきましょう。

 

連絡先を変える

連絡先を変えるのも一つの方法です。

 

これは会社の人からしつこく連絡がある場合に有効です。

 

連絡先を変えるメリット

  • 心機一転頑張れる
  • しつこい連絡が止まる
  • 人間関係をリセットできる

 

煩わしい手続きやお金がかかることになります。

しかし前向きに次のステージに移行するための一つの方法だと認識することもできます。

 

弁護士に相談する

弁護士に相談するのが最強の対策になります。

 

交渉に応じず嫌がらせをするようなクズな会社は弁護士が対応して黙らせるのも一つの方法です。

 

弁護士運営のメリット

  • 非弁行為のリスクがない
  • 交渉範囲が最も広い
  • 会社と戦える
  • 100%退職可能
  • 訴えられても対処可能

 

確実にこじれると思う会社を退職する場合は弁護士が運営する退職代行に依頼するのも手です。

 

関連記事:弁護士対応の退職代行!

 

嫌がらせを受けさせない業者選定ポイント

嫌がらせを受けさせない業者選定ポイント

 

嫌がらせをさせないような退職代行業者のポイントは以下の通りです。

 

業者選定ポイント

  • 交渉できる業者
  • 代行実績が多い
  • 料金が適正か

 

この3つです。

 

関連記事:自分に合った退職代行の選び方5選!

 

交渉できる業者

退職代行は交渉できる業者に依頼しましょう。

 

具体的には「労働組合」か「弁護士」が運営する代行業者です。

 

特に労働組合は超オススメ!

 

労働組合運営のメリット

  • 確実に辞められる
  • 交渉が可能
  • 料金が安い
  • バランスが取れている

 

会社と交渉が必要だけど、できるだけ料金を抑えたい方にピッタリ!

依頼するなら労働組合が運営している代行業者にしましょう。

わたし

 

関連記事:退職代行は労働組合に依頼数するべき4つの理由

 

代行実績が多い

代行実績が多い業者も安心です。

 

実績が多い業者のメリット

  • 退職ノウハウが蓄積されている
  • 問題が起きそうな部分を押さえている
  • スタッフのレベルが高い
  • アフターフォローも充実している
  • 会社に強気で交渉できる

 

実績が多いのには理由があります。

 

信頼して任せることができるでしょう。

 

料金が適切か

料金が適正かどうかも業者選定で重要なポイントです。

 

料金相場から逸脱した業者はリスクが高くなります。

 

  • 結局退職できなかった
  • 希望通りの退職条件ではない
  • 交渉ができない
  • 返金されない
  • サービス内容が杜撰

 

あまりにも安い業者は何かを疑わざるを得ません。

 

金額相場

  • 弁護士法人:約50,000円くらい
  • 労働組合:約30,000円弱
  • 民間企業:約25,000円ほど

 

ここに当てはまる業者は安心できるでしょう。

 

嫌がらせを受けにくいオススメの退職代行業者3選

嫌がらせを受けにくいオススメの退職代行業者3選

 

本当にオススメできる退職代行業者は以下の3つです。

 

オススメ退職代行

 

この3つです。

 

Jobs

名称 退職代行Jobs
タイプ 労働組合
料金 27,000円+組合費2,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジット、銀行振込、コンビニ決済、現金翌月払い
対応エリア 全国

 

\独自サービスが充実/

今すぐ申し込む

労働組合の退職代行で超オススメ!

 

ガーディアン

名称 退職代行ガーディアン
タイプ 労働組合
料金 29,800円
対応時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\圧倒的知名度/

今すぐ申し込む

知名度が高い→信頼度が高い!

 

SARABA

名称 退職代行SARABA
タイプ 労働組合
料金 24,000円
対応時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
対応エリア 全国

 

\返金保証付きで安心/

今すぐ申し込む

ネーミングセンス抜群!そして実績も抜群!

 

まとめ:退職代行で嫌がらせをされても心配なし!

まとめ:退職代行で嫌がらせをされても心配なし!

 

今回は「退職代行で辞めると嫌がらせを受けるのか」というテーマで解説しました。

 

記事の要点

  • 退職代行で嫌がらせをされる原因
  • 会社の考え方
  • 依頼者の問題
  • 代行業者の問題
  • 退職時期の問題
  • 退職代行の利用で嫌がらせをされる事例
  • 書類が届かない
  • 連絡がしつこい
  • 有給が取れない
  • 転職を妨害する
  • 損害賠償を請求される
  • 嫌がらせを受けないための対策
  • 挨拶は済ませておく
  • 必要事項をメモに残す
  • 即日退職する
  • 代行業者に任せる
  • 実績重視で業者を選ぶ
  • 嫌がらせを受けたときの対処法
  • 記録に残す
  • 連絡先を変える
  • 弁護士に相談する
  • 業者選定ポイント
  • 交渉が可能
  • 代行実績が多い
  • 料金が適正か

 

そしてオススメの代行業者は以下の3つです。

 

オススメ代行業者

 

今でこそ退職代行の知名度は上がり、利用する方が増えてきました。

 

しかし中には退職代行への理解が乏しく、嫌がらせをしてしまうような会社もあります。

 

この記事を読むことで、対策や対処法をしっかりと理解できるようになり、退職代行への依頼が躊躇なくできることを祈っています。

 

以上、なーぴょんでした。

-退職代行, 退職代行の知識